ホームYokohama Column vol.3

コラム

vol.3
横浜でたどる 日本の新聞の歴史。

 

横浜と印刷についての歴史を紐解いてみると、日本の日刊新聞の歴史抜きでは語れません。1864(元治元)年、幕末に通訳、貿易商として活躍したジョセフ・ヒコ(浜田彦蔵)は、外国の新聞を翻訳・編集し、横浜で手書きの邦字新聞「新聞誌」を創刊。翌年「海外新聞」と改題し、定期的に刊行しました。一般大衆を対象とした新聞は、半紙を2つ折、4つ折にして冊子風にまとめたもので、発行当時の購読は4部だったそうです。
明治に入り、当時の神奈川県令(知事)井関盛良は欧米の新聞事情を知り、原善三郎や島田豊寛など、横浜の富商たちに近代新聞の必要性を説き、新聞創刊に向けて資金面での協力を要請します。やがて1871(明治4)年1月28日[旧暦1870(明治3)年12月8日]に、横浜活版舎で印刷された日本語の最初の日刊新聞「横浜新聞(後に横浜毎日新聞)」が創刊されました。半紙に手書きだった幕末の新聞に対し、洋紙の両面に記事を活字で印刷し、紙面を欄で区切るという、現在の新聞とほとんど変わらないものでした。
この新聞創刊に印刷で関わったのが、長崎でオランダ活字を手本に活字製造に成功した本木昌造。幕府の通詞(通訳)として勤めながら、製鉄、海運といった方面へと活躍の場を広げますが、幼いころから洋書に接する機会が多かった昌造は、西洋の印刷物が持つ文字の美しさに魅せられ1855(安政2)年に活版印刷所を創設。1869(明治2)年には、日本で初の民間活版業、新町活版所を創立。これが近代における印刷企業の始まりとされています。そして横浜へ活字、印刷機一式と門人を派遣し、日本の日刊新聞の発刊に努めました。
因みに横浜には2つの新聞発祥の記念碑があります。1つはジョセフ・ヒコが「海外新聞」を発刊した居館の跡に「日本国新聞発祥の地」の碑が。場所は中華街、関帝廟の近く。そしてもう1つは、「横浜毎日新聞」の「日刊新聞発祥の地」の碑。こちらは中区北仲通の横浜生糸検査所(現・横浜第二合同庁舎内)構内に建てられていましたが、現在は非公開で、同庁舎内に保管されています。


「日本国新聞発祥の地」の碑