ホームYokohama Column vol.2

コラム

vol.2
象の鼻が横浜の新しいシンボルになった。

 

2009年6月2日、150年目の開港記念日に、「象の鼻パーク」がオープンしました。
ちょうど大桟橋のつけ根、日本大通の突き当りの位置。1959(安政6)年に横浜港が開港すると、港には東波止場(イギリス波止場)と西波止場(税関波止場)の2つの波止場がつくられました。その東波止場は、荷物を降ろす際に波の影響を避けるために少しずつ弓なりに形を変えて象の鼻のような形になり、名称も「象の鼻」に。取扱貨物の増大、船舶の大型化、コンテナ化に対応したふ頭の建設などにより、国際貿易港の横浜のふ頭が変貌する中で、ある意味横浜の原点とも言える象の鼻地区は、ひっそりと往時の佇まいを残してきました。
象の鼻 象の鼻パークの再整備にあたってのコンセプトは「時の港〜歴史と未来をつなぐ象徴的な空間」。港や海を見渡せる「開港の丘」や、開放的な広場「開港波止場」、横浜港の新たなビューポイント「象の鼻防波堤」、展示機能も備えた多目的なレストハウス「象の鼻テラス」などの施設のほか、定期航路船や観光船の発着施設も設けられています。
また、工事中に遺構が3点発見されました。岸壁から横浜税関の倉庫へ荷役を担った車両の方向を変える転車台、旧横浜税関倉庫の建物基礎、関東大震災により沈下した開港初期の石積防波堤。それらは開港初期のまま復元保存されています。マップ